社会福祉士の考え方

社会福祉士の考え方



社会福祉士の考え方ブログ:18年09月01日


お腹周りを引き締めることを考えた
食生活をするなら、
脂肪が少なくたんぱく質を多く含む
ご飯にするべきですね。

新たな脂肪を増やさないために
脂肪分少なめのご飯にすることは、
脂肪代謝を促進することと同様、
減量には大事です。

同時に脂肪を燃焼させる為には
アミノ酸が必須とされていますので、
減量には
高たんぱくのご飯が欠かせないのです。

具体的な食材としては、
鳥のささ身や白身魚などが挙げられます。

しかし、
ご飯を気にしつつも、
付き合いなどで高カロリーの外食が
多くなりがちなこともあります。

ご飯の準備まで行き届かないという方は、
減量や栄養補給にいいという
特定保健機能食品を
活用するという方法もありますよ。

ご飯を見直すことで
減量を目指すという方法は
スタンダードなものですが、
中には一度のご飯をまるまる抜いたり、
肉や油脂を一切断ってしまう方もいます。

ご飯を減らしてまで
減量に取り組む姿勢は立派ですが、
健康に悪影響が出るような
ご飯の制限はやめた方がいいでしょう。

効果的な減量を目指すなら、
ご飯は抜かず、
きちんと三度三度食べましょう。

ちなみに、
減量中に空腹を凌ぐための
おすすめアイテムは、寒天です。

寒天のカロリー量はとても少なく、
それでいて十分にお腹をふくらませることができますし、
食物繊維も多く
便秘解消効果も期待できる食材です。

毎日の食生活をもう一度見直して、
脂肪燃焼に効果的なご飯内容に改善して、
健康的な減量に励んでくださいね。
社会福祉士の考え方

社会福祉士の考え方

★メニュー

ドラマでも大人気の行政書士になろう
ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー
社会福祉士の考え方
介護福祉士資格を取得する前に
多数の分野で活躍をする社会保険労務士
調剤薬局事務を目指してがんばろう
歯科助手資格で仕事に困らない
導入すればきっと便利に!賃貸管理システム
最高の結婚式二次会をお約束
資格のためにキャッシング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)行政書士合格トレーニング