社会福祉士の考え方

社会福祉士の考え方



社会福祉士の考え方ブログ:18年02月04日


人のからだの半分以上は水分からできています。
そのため、食事で摂る水分以外に、
新陳代謝や老廃物を排出させる、便秘を予防するなどの働きのためにも、
日々、
1.5~2リットル程度の水分を意識的に摂る必要があるんです。

「水太り」という言葉があるように、
水を飲むと太るのではないかと思っている人もいるでしょうが、
0カロリーである水を摂取して太るということは、まずあり得ません。

もし、水を飲むと太るということがあれば、
それは、何らかの原因で、水分の代謝が上手く行われずに、
からだの中に水分が溜まっていることを意味します。

腎臓に疾患があるというような場合なら別ですが、
特に病気であるわけではなく、
水太りのような気がする場合は、その原因の一つに、
もしかしたら、塩分の取りすぎということがあるのかもしれませんね。

なので、
日々の食事内容を振り返って、
塩分の多い食事をしていると思ったら、
改善する必要がありますよ。

水分の代謝をよくするものに、カリウムという成分があります。

カリウムは利尿作用を持ち、
からだの中の塩分と一緒になって、
尿や汗として排出させるという優れた働きがあります。
カリウムは海藻、豆類、乾物に多く含まれていますよ。

塩分の取りすぎ以外にも
8時、顔がむくんでいたり、
夕方になると、
足がむくんでしまうという人っていますよね。

こうした場合は利尿作用のある食材を意識的に摂る、
積極的にからだを動かして汗をかくというように、
水分をからだから排出させる必要があります。

利尿作用の高い食材で代表的なものには、
スイカやきゅうり、レタス、とうもろこし、とうがん、柿などが挙げられます。

また、からだの水分を排出させるようなトレーニングには、
ウォーキングや水泳のような有酸素トレーニングが適しています。
社会福祉士の考え方

社会福祉士の考え方

★メニュー

ドラマでも大人気の行政書士になろう
ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー
社会福祉士の考え方
介護福祉士資格を取得する前に
多数の分野で活躍をする社会保険労務士
調剤薬局事務を目指してがんばろう
歯科助手資格で仕事に困らない
導入すればきっと便利に!賃貸管理システム
最高の結婚式二次会をお約束
資格のためにキャッシング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)行政書士合格トレーニング