社会福祉士の考え方

社会福祉士の考え方



社会福祉士の考え方ブログ:18年01月01日


今日は寝不足です。

減量中、
食欲を無理に我慢するのは良くありませんが、
ちょっとした工夫で
コントロールすることはできます。

まず、食べ物を噛むと唾液が出ます。
唾液は満腹中枢を刺激し食欲を抑えるため、
早食いによる食べすぎを防止するためには、
ゆっくり、よく噛んでたべましょう。

皆さんは、
食べる事の時間や口寂しいときなど、
ウエストが空いていなくても
習慣で食べてしまうことってありませんか?

これだと
肉体が必要としている以上に
食べ過ぎてしまいます。

肉体の声に耳を傾け、
ウエストが空いている時以外に
食べ物を口にするのは止めましょう。

たんぱく質を構成するアミノ酸は、
糖質よりも消化されるスピードが遅いので、
ウエストが空くまでの時間を長引かせることができますよ。

精神面が食欲に与える影響は大きいもの。
ストレスで食べすぎたり、
逆に食欲不振になることもあります。

イライラの解消を食べ物に向けず、
ストレスがたまらないように気分転換をしましょう。
仲間と電話したり、読書や釣りなど、
自分の好きなことを楽しみましょう!

でも、どうしても食べたくなったら…

あめやガムで少しだけ糖分を補給すれば、
空腹感がおさまりますよ。

コーヒーや紅茶、お茶、水などを飲むと
水分でウエストが満たされ、食欲を抑えることができます。
食べすぎ防止にも効果ありです。

歯を磨き、くちの中がさっぱりしていると
余計なものを食べたくなくなります。
虫歯予防にもなり一石二鳥ですね。

必要なエネルギー以上に食べたくなったら、
一度、本当に食べたいのか考えてみましょう。

ですが、我慢のしすぎはストレスの原因に…
減量中でも
たまには食べるのを我慢した自分に
ご褒美をあげてくださいね。

じゃんじゃん
社会福祉士の考え方

社会福祉士の考え方

★メニュー

ドラマでも大人気の行政書士になろう
ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー
社会福祉士の考え方
介護福祉士資格を取得する前に
多数の分野で活躍をする社会保険労務士
調剤薬局事務を目指してがんばろう
歯科助手資格で仕事に困らない
導入すればきっと便利に!賃貸管理システム
最高の結婚式二次会をお約束
資格のためにキャッシング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)行政書士合格トレーニング