社会福祉士の考え方

社会福祉士の考え方



社会福祉士の考え方ブログ:16年05月17日


サウナで大量に汗をかけば、
何となく減量に成功した気がしてきますよね。

しかし、サウナで発汗して
減量したように見えても、水分補給をすれば、
簡単に元に戻ってしまいます。

水分を補給しなければ元には戻りませんが、
脱水症状を起こしてしまうので、絶対に水分を補給してくださいね。

脱水症状を起こすと、血液の流れが停滞し、
血栓ができやすくなってしまうので大変危険です。

また、標準体重よりも二割くらいオーバーウェイトな人は、
温度の高いサウナに入ると、体質に負担がかかりすぎます。
低温、もしくは、中温のサウナに入るようにしましょう!

高温のサウナに入った方が
汗をかいて痩せるというものでもありません。
減量のために…と、
無理に高温のサウナに入る必要はないのです。

サウナを活用した減量法としては、
サウナで代謝を高める方法がいいでしょう。

まず、10分くらいサウナに入って体質を温め、
その後に、水浴びなどで体質を冷やします。
10分くらい休憩して体を冷やしたら、
またサウナに10分くらい入って、
体質を温める…というのを何回か繰り返すのです。

その際、水分は充分に補給しましょう。
体質に負担がかからないように気をつけてください。

一度やれば、
すぐに減量効果が出るというものではありません。
定期的に行うことが重要です。

もちろん、サウナに入った後にビールを飲んだら台無しですし、
スポーツドリンクも結構カロリーが高いので、
なるべく水かノンカロリーのお茶を飲みましょう。

入浴後には、湯冷めしないようにしっかりと汗を拭き、
体質を温かくして、風邪をひかないように気をつけることも大切ですよ。

・・・と、書いてみるテスト
社会福祉士の考え方

社会福祉士の考え方

★メニュー

ドラマでも大人気の行政書士になろう
ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー
社会福祉士の考え方
介護福祉士資格を取得する前に
多数の分野で活躍をする社会保険労務士
調剤薬局事務を目指してがんばろう
歯科助手資格で仕事に困らない
導入すればきっと便利に!賃貸管理システム
最高の結婚式二次会をお約束
資格のためにキャッシング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)行政書士合格トレーニング