介護福祉士資格を取得する前に

介護福祉士資格を取得する前に


介護福祉士資格を取得する前に
話題沸騰の介護福祉士の資格についてちょっとした知識をお伝えしています。
介護福祉士に興味をお持ちでしたらまずは一読してみてください。

介護福祉士の受験をするためには、最低条件として3年以上の実務経験が必要となってきます。
もしこの条件をクリアしていないようでしたら、まずは施設や介護サービス企業で介護アシスタントとして働く必要があります。

高齢化社会を迎えようとしている今の日本におきまして、介護福祉士の人手が足りていません。
そこで介護福祉士の資格を取得しておくことで、その重要性がこれまで以上に発揮されることでしょう。

まずは介護福祉士に関する情報を集めてみましょう。
そこからはあなたが努力をすることできっと介護福祉士の合格を手に入れることが出来るでしょう。

さて最近の資格取得ブームで介護福祉士以外にも社会保険労務士調剤薬局事務などといった資格も人気があります。
「何か資格を持ちたい!」と考えているのでしたら、社会的ニーズの高いこれらの資格に挑戦をされてみてはいかがですか?



介護福祉士資格を取得する前にブログ:19年08月16日

「夕飯はまかせといて!」と私。

ママは、出前のチラシを見せながら…
「こっちのほうが安いんじゃないの?」

ミーは「なんで人の気持ちを汲んでくれないの!」と怒る。

ママが
「だいたいあんたがお買い物に行くのが遅いからよ!」と応戦。

喧嘩の始まりはいつもこうです。

ママのことを大切に思うからこそ提案したことだったのに、
喧嘩になって…
結果的に、ママに嫌な思いをさせる事態に
ミーとしては納得がいかないわけですね。

思い起こせば息子の頃のミーは、
気持ちを受け取ってもらえない寂しさを
いつも感じていたかもしれません。

ママの顔色をうかがって
喜んでもらえないことに対して、
ミーがやったことは迷惑なことだったのかなと
自分を責めていたようにも思います。

いつの間にかママとの会話は敬語で応対するようになり、
ママの気持ちを受け取ることを拒否し、
こちらから与えることを放棄して
だんだん距離を取っていきました。

ママは祖母が病気がちで臥せっているような家庭で育ったので、
早くから自分が気丈でなければいけない、
人の世話になって迷惑をかけてはいけない…
という思いが強かったのでしょう。

父母が病気で寂しい思いをした分、
息子のために健康でいなければという気持ちもあったようです。

年老いて気持ちに肉体がついていけなくなってきている今、
少しずつですが
ようやく頼ることもできるようにはなってきているようです。

社会人になったミーは、
ママとの関係も変化していき、
敬語で接するようなことはなくなりました。

しかし、
ママの気持ちを受け取っていることを伝えること、
つまり感謝している気持ちは
十分にはまだ伝えきれていないように思います。

介護福祉士資格を取得する前に

介護福祉士資格を取得する前に

★メニュー

ドラマでも大人気の行政書士になろう
ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー
社会福祉士の考え方
介護福祉士資格を取得する前に
多数の分野で活躍をする社会保険労務士
調剤薬局事務を目指してがんばろう
歯科助手資格で仕事に困らない
導入すればきっと便利に!賃貸管理システム
最高の結婚式二次会をお約束
資格のためにキャッシング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)行政書士合格トレーニング