介護福祉士資格を取得する前に

介護福祉士資格を取得する前に


介護福祉士資格を取得する前に
話題沸騰の介護福祉士の資格についてちょっとした知識をお伝えしています。
介護福祉士に興味をお持ちでしたらまずは一読してみてください。

介護福祉士の受験をするためには、最低条件として3年以上の実務経験が必要となってきます。
もしこの条件をクリアしていないようでしたら、まずは施設や介護サービス企業で介護アシスタントとして働く必要があります。

高齢化社会を迎えようとしている今の日本におきまして、介護福祉士の人手が足りていません。
そこで介護福祉士の資格を取得しておくことで、その重要性がこれまで以上に発揮されることでしょう。

まずは介護福祉士に関する情報を集めてみましょう。
そこからはあなたが努力をすることできっと介護福祉士の合格を手に入れることが出来るでしょう。

さて最近の資格取得ブームで介護福祉士以外にも社会保険労務士調剤薬局事務などといった資格も人気があります。
「何か資格を持ちたい!」と考えているのでしたら、社会的ニーズの高いこれらの資格に挑戦をされてみてはいかがですか?



介護福祉士資格を取得する前にブログ:19年10月15日

わたしは最近スポーツクラブに通い始めました。
主治医からトレーニングを勧められたからです。

実は、かなり前からトレーニングを勧められていたのですが、
そしてわたしもトレーニングをしたいとは思っていたのですが、
結構忙しい日々を送っているものですから、
「そんな時間なんて、とてもない」と思っていました。

でも、ようやく重いコシを上げました。

わたしの場合、そうやって重いコシを上げた時には、
三日坊主の恐怖が襲ってきます。

何かの通信教育もそうだったし、英会話もそうだったし…
という過去が甦ってきます。

だから、今回はあえて
「やらなければ」という気持ちよりも、
「やりたくなったらやるだろう」と、
いつか動き出す自分を信じて待つという感じで、
主治医からの勧めを一旦横に置いてみたんです。

そうしたら、
やっぱりトレーニングがやりたくなるようなきっかけがあって、
始めることにしたんです。

そのきっかけは、仲間がくも膜下出血で倒れた事でした。
まだ20代の、いかにも病気とは縁がなさそうな、
元気な、明るい、楽しい仲間です。

「なんで、あの仲間が…」という思いで一杯でした。

わたしは、
人間の病気がこんなに人に悲しみを与えるものなのか、
と改めて思いました。

そして、
自分の肉体を、自分の事を
もっと、もっと大切にしたい!と思ったのです。

幸い、倒れた仲間は順調に回復して、
後遺症も残らないだろうとの知らせが届きました。
ご家族の願いが、多くの仲間の願いが通じたんだろうなぁ…

さて、スポーツクラブでのわたしはというと…
毎回ストレッチから始めるのですが、なんと肉体の硬いこと!

トレーナーからしっかり見られていたようで、
「肉体固いですね」と指摘されてしまいました。
そのお言葉に、わたしは笑うしかなかったですね。

介護福祉士資格を取得する前に

介護福祉士資格を取得する前に

★メニュー

ドラマでも大人気の行政書士になろう
ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー
社会福祉士の考え方
介護福祉士資格を取得する前に
多数の分野で活躍をする社会保険労務士
調剤薬局事務を目指してがんばろう
歯科助手資格で仕事に困らない
導入すればきっと便利に!賃貸管理システム
最高の結婚式二次会をお約束
資格のためにキャッシング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)行政書士合格トレーニング