ドラマでも大人気の行政書士になろう

ドラマでも大人気の行政書士になろう


ドラマでも大人気の行政書士になろう
世間的に注目をされている行政書士についての情報をご紹介しています。
知られざる行政書士の資格情報を頭に入れておいてください。

法律について学ぶことにより、就職や転職だけではなく貴方の生活にも非常に役立ちます。
まさに国民と行政を繋いでいる法律の専門家が行政書士なのです。

弁護士や司法書士と同じように行政書士というのは、法律の国家資格となります。
行政書士は業務独占資格と言われており、この資格を持っていないと出来ないことが許されるようになります。

これからはまさに行政書士の資格が役に立つことでしょう。
まずは当サイトからの行政書士に関するリンク先をご覧ください。

ファイナンシャルプランナー社会福祉士といった資格も最近では注目をされています。
人気の行政書士の取得と同時にこれらの資格取得を検討されてみてはいかがでしょうか?



ドラマでも大人気の行政書士になろうブログ:19年02月11日

中学校の入学式の日、
わたしは制服を着て、小学校のグラウンドに集合しました。

地元の公立中学に入学するので、
ありきたりの制服なのですが、
それでも少しオトナになった気がして嬉しかったものです。

わたしには特段の想いもありました。
年末に、父が入院し、紙一重の幸運で生還したのですが、
まだまだ本調子ではなかったと記憶しています。

親しかった何人かの友人のうち、
既に母が亡くなっていた友人もいたし、
わたしの父と同時期に病に倒れ、
後に闘病の果て父が他界される…といった友人もいました。

十三歳の春、
それぞれの環境や想いを抱いての入学でした。

父はそれから二十四年間、元気に生きてくれましたし、
わたしたちの側から見れば、孫達とも逢えているので、
完全ではないにせよ、納得のいく人生だったのではないでしょうか。

父が倒れたのはちょうどクリスマス。
どんなお正月だったのか全く覚えていませんが、
母方の叔母や祖母がとてもよくしてくれたことを覚えています。

幸い父は戻ってくれましたが、
わたしの気持ちの中では、全くお正月どころではなかった…

将来の自分の行く末を考えたりしたことを後で恥じましたが、
当時仲良しだった友人も父が闘病中で、
そのためではなかったにしろ、
ずいぶん一緒にいて、二人で色んな話をしました。

友人の父は、
突発的な事態の急変であったわたしの父とは違い、
時を経ることが命の長さと直結していましたから、
本当に瞬間瞬間が大切だったんだな、と今にして思うのです。

自分のことばかり考えていて、
自分が恥ずかしくなったのは、
そんなことを重ねている友人家族をみたからかもしれません。

ドラマでも大人気の行政書士になろう

ドラマでも大人気の行政書士になろう

★メニュー

ドラマでも大人気の行政書士になろう
ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー
社会福祉士の考え方
介護福祉士資格を取得する前に
多数の分野で活躍をする社会保険労務士
調剤薬局事務を目指してがんばろう
歯科助手資格で仕事に困らない
導入すればきっと便利に!賃貸管理システム
最高の結婚式二次会をお約束
資格のためにキャッシング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)行政書士合格トレーニング