ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー

ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー



ライフプランを応援するファイナンシャルプランナーブログ:14年07月29日


ミーは十年以上一緒に暮らしてきた
タバコを手放す決意をしました。

タバコ、やめられそうだな…
そう感じたきっかけは
ミーにとって「タバコを吸う」という行為自体が
自分自身の「お父さんを感じる」ことなんだな…
と気がついてからでした。

お父さんはヘビースモーカーです。
幼少の頃、お父さんの枕に顔を近づけると、
整髪料の匂いに押し込められたようにヤニの匂いがまじっている、
それを感じたときのほっとする気持ち。

ミーの中でそれが「大好きなお父さん」だと
認識していることに気がついてからでした。

ミーが本当に好きだったのは、
このお父さんの匂いではなくて、
お父さんの屈託のない笑顔だったり、優しいエネルギーだったりしたのですが…

たっぷり過ぎる反抗期に
お父さんなんか必要ないと、お父さんから心理的に距離をとり、
お父さんの中に見える嫌いな部分や、痛みや苦しみばかり見てしまった結果、
自分の心の中にいた
「好きなほうのお父さん」を抑圧してしまっていたようです。

それでも、
幼少の頃はお父さんが大好きで
お父さんの膝の上やうでの中で
ほっとしたんだということは
抗えない事実として
ミーの古い古い記憶の底にあるのでしょうね。

「大好き」を抑圧し感じないように無意識的に振舞う分だけ、
それを補完するように「ほっとさせてくれるタバコ」が
ミーにとって不可避なものになっていったようです。

大人になり、お父さんのことを理解し許し始め、
お父さんに対して信頼を取り戻すことができ始めたときに
ふっと「タバコをやめられる自信」がついたようです。

本当に欲しかったのは、煙草の煙でなくて、
お父さんを大好きで信頼できるという気持ちだったのです。

ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー

ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー

★メニュー

ドラマでも大人気の行政書士になろう
ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー
社会福祉士の考え方
介護福祉士資格を取得する前に
多数の分野で活躍をする社会保険労務士
調剤薬局事務を目指してがんばろう
歯科助手資格で仕事に困らない
導入すればきっと便利に!賃貸管理システム
最高の結婚式二次会をお約束
資格のためにキャッシング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)行政書士合格トレーニング