資格のためにキャッシング

資格のためにキャッシング



資格のためにキャッシングブログ:14年06月08日


健康的な減量を目指すなら、
規則正しい生活と、ご飯は適量で1日3食が基本です。

ご飯は、腹八分目にするのが、
減量の為にも、健康の為にも良いことは当然です。

実際、食べ過ぎは胃腸に負担をかけますから、
減量でも、健康面でも、控えるべきですよね。

しかし、これに当てはまらない場合があり、
それは食欲が低下している場合と、怒りのストレスを感じている時です。

この2つの状態の時は、
減量というよりも、
基本的な1日3食を見直した方が良いでしょう。

食欲が低下している場合や、怒りによるストレスがある時は、
食欲のコントロールが出来にくくなっており、
消化機能も衰えている為、食べ過ぎるリスクが高いからです。

しかも、その摂取したご飯の栄養素の分解が、
自分の持っている消化・吸収機能を超えてしまうのです。

つまりご飯の摂取と、栄養の消化・吸収機能のバランスが崩れ、
太りやすくなるだけではなく、場合によっては消化器のトラブルで、
体質を壊すこともあります。

このような時は、むしろ努めて少なめのご飯を、
ゆっくりと摂るようにした方が良いでしょう。

ご飯ストレス解消なんてもってのほかですので、
思い切ってご飯をやめ、胃や腸の休息を取るようにした方が賢明です。

また、
自律神経のバランスが崩れている時も、
無理に1日3食摂ることをお勧めできません。

ウエストがすいていないのであれば、
いつも働いてくれている消化器を休ませるつもりで、
自分が空腹を感じてから、
少しずつご飯を摂るほうが良いのです。

1日3食きっちり摂ることができるのは、
すべての体質の機能が正常で、健康であるということが条件になります。

資格のためにキャッシング

資格のためにキャッシング

★メニュー

ドラマでも大人気の行政書士になろう
ライフプランを応援するファイナンシャルプランナー
社会福祉士の考え方
介護福祉士資格を取得する前に
多数の分野で活躍をする社会保険労務士
調剤薬局事務を目指してがんばろう
歯科助手資格で仕事に困らない
導入すればきっと便利に!賃貸管理システム
最高の結婚式二次会をお約束
資格のためにキャッシング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)行政書士合格トレーニング