介護福祉士資格を取得する前に

話題沸騰の介護福祉士の資格についてちょっとした知識をお伝えしています。
介護福祉士に興味をお持ちでしたらまずは一読してみてください。

 

介護福祉士の受験をするためには、最低条件として3年以上の実務経験が必要となってきます。
もしこの条件をクリアしていないようでしたら、まずは施設や介護サービス企業で介護アシスタントとして働く必要があります。

 

高齢化社会を迎えようとしている今の日本におきまして、介護福祉士の人手が足りていません。
そこで介護福祉士の資格を取得しておくことで、その重要性がこれまで以上に発揮されることでしょう。

 

まずは介護福祉士に関する情報を集めてみましょう。
そこからはあなたが努力をすることできっと介護福祉士の合格を手に入れることが出来るでしょう。

 

さて最近の資格取得ブームで介護福祉士以外にも社会保険労務士や調剤薬局事務などといった資格も人気があります。
「何か資格を持ちたい!」と考えているのでしたら、社会的ニーズの高いこれらの資格に挑戦をされてみてはいかがですか?



介護福祉士資格を取得する前にブログ:19年04月20日

体質に脂肪を溜めない食べる事とは、
「栄養バランスがいい食べる事」をとることです。
栄養バランスの悪い食べる事では、
体質に溜まった脂肪を効率よく燃やすことはできません。

なぜ「栄養バランスがいい食べる事」が
脂肪を溜めにくいのかと言うと…

カロリーのもととなる炭水化物・脂質・たんぱく質が
エネルギーとして効率よく使われるためには
ビタミン・ミネラルの助けが必要だからなんです。

ガソリンはあってもエンジンオイルがなければ、
車は動かないのと同じです。

炭水化物の主な供給源はライス・菓子パンなどの主食で、
脂質・炭水化物の主な供給源は肉料理、魚料理などの主菜です。

体質に溜まった脂肪を効率的に燃やす食べる事にするためは、
ビタミン・ミネラルの供給源である
野菜・海藻・きのこなどの「副菜」を
しっかりと摂ることがポイントになります。

簡単に言えば、栄養バランスのよい食べる事とは、
「主食」「主菜」「副菜」「汁物」の4品が揃った、
昔ながらの和食スタイルなんです。

日々全てを揃えなくても、
今日の夕方食が肉料理だったら、
次の日の夕方食は魚料理にする…とか
14時は味噌ラーメンだけだったから、
23時は多めに野菜料理を食べる、
…という工夫をしましょう!

食べる事をどのように食べるかも大切ですよ。
食べる事時間が不規則だったり、食べる事を抜いたりすると、
どうしても一食に食べすぎてしまいがちになります。

さらに、体質が「空腹時間が長い=飢えている」と判断し、
できるだけ大量のエネルギーを脂肪としてため込もうとする
体質になっていくのです。

体質に溜まった脂肪を燃やしたいなら、
1日3食は必ず守りたい基本と言えますね。